スタッフ スタッフ情報

レトロモダンな魅力

更新日:

みなさまこんにちは。
 
相も変わらず書くことがありません。
なぜかって、毎日同じことしかしてないからですね。
 
何かというと、まぁ、編集です。
面白みがまるでないですけれども…。
 
とりあえず映画の全体像は完成しました。
素材は5時間強あったのに、今のところ本編の尺は90分ちょっとです。
せつないような、へんなかんじです。
 
まだまだ先は長いですが!
がんばります。
 
 
それで今回は、唐突ですが好きな車を挙げ連ねていこうとおもいまして。
映画なんかにもいっぱい出てきますよね、かっこいい車。
車好きという訳でもないので有名なものばかりですが、共感していただけるのではないかなーと。
 
ほんとに挙げ連ねるのみですが。
 
↓↓
 
 
 

まずはフィアット500とベンツSSKです。

わかりやすいですね。
この時点でわたくしがミーハーであることがバレたかとおもいますが。。
 
フィアットは、ちっちゃくてまるっこくて可愛いですよね。
あと顔が小動物っぽくて、見てると癒されます。
 
ベンツSSK。
ガツン!とインパクトがあって、厳つくて、でも顔が可愛くてとても素敵。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アストンマーチンDB5です。
 
これは007で有名ですかね?
私はアストンマーチンのヴァンキッシュを見て一目惚れしまして、
そこから辿り着いたのですが。
 
さすがはボンドカー、格好いいです…。
 
 
 
フォード・ムスタング。
 
わたくしがこの車を知るきっかけになったのが、
ジェーン・バーキンの「Ford Mustang」でした。
 
ムスタングと聞いてジェーンを思い出すひとってあんまりいないんじゃないかとおもいますが…。
 
初代、もしくは三代目のムスタングが好きです。
強面で硬派っぽい顔がたまらない。
 
 
 
 
 
外車ばかりになってしまったので国産車を。
トヨタのAE86スプリンタートレノです。
何に影響受けてるかもうバレバレですね…。
 
リトラクタブルヘッドライトなるものを
はじめて知りました。
ロボットみたいでかっこいいー!とおもったのです。
 
白黒のカラーと、
のほほんとした顔が可愛いと個人的におもいます。
性能など詳しいことはわからないので、
見た目で気に入っています。
 
 
 
 
 
それ以外にも、フェアレディ2000とか、ブルーバードP310とかポルシェ356とか、
初代クラウンですとか…言い出すときりがないんですが。
 
私はとくにクラッシックカーが好きなようです。
丸みとゴツゴツした部分とが一体化していて、それぞれに全くちがうデザインと
より機械っぽい外装がとても魅力的です。
 
それに車っていろんな表情がありますよね。
愛着がわきます。
本物を集めるのはムリなので、ミニチュアを眺めてにやにやしています。不審者です。
 
 
 
いつか私が自家用車を持てる日がくるのでしょうか。
 
 
でもその前に、免許持ってないんですけどね!
 

-スタッフ, スタッフ情報

Copyright© digital-write Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.